PR
PR

GLAYの4人を歓迎 函館駅に大型シールお目見え

 函館出身の4人組ロックバンド「GLAY(グレイ)」が25、26の両日、函館港の人工島「緑の島」で野外ライブを開くのを前に、3日、JR函館駅正面玄関にメンバー4人が写った大型シールが登場した。駅構内に旗や看板も設置されたほか、列車内には近く広告も掲出される予定で、歓迎ムードが高まり始めた。

 JR北海道函館支社が企画した。シールは縦2・9メートル、横6メートル。ボーカルのTERU(テル)、リーダーでギターのTAKURO(タクロウ)、ギターのHISASHI(ヒサシ)、ベースのJIRO(ジロウ)の隣に、ライブツアーのオリジナルロゴをあしらい、ガラスに貼り付けた。

 また、同日までにほぼ同じデザインの歓迎旗9枚を連絡通路に掲げたほか、改札口には、函館国際観光コンベンション協会が「ようこそ函館へ」「また、函館でお会いしましょう」と書かれた看板を設置。函館と新函館北斗を結ぶ「はこだてライナー」全12両の車内にB3サイズのPRポスターも近く掲示されるという。JR北海道函館支社は「ライブをぜひ盛り上げていきたい」と話している。

残り:154文字/全文:615文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る