PR
PR

20歳の許家元、最速で新碁聖に 囲碁、井山裕太は六冠後退

 囲碁の井山裕太碁聖(29)に許家元七段(20)が挑戦していた第43期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第3局は3日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれ、許七段が224手で白番中押し勝ちし、3連勝で碁聖を奪取、プロ入りから最速の5年4カ月で七大タイトルを獲得した。全七冠保持者の井山碁聖は一角が崩され、六冠に後退した。

 許新碁聖は台湾出身で、2013年に15歳でプロ入り。これまで、七大タイトル獲得の最速記録は伊田篤史八段の6年0カ月だった。20歳7カ月での碁聖獲得は、山下敬吾九段の21歳11カ月を抜き、同棋戦史上最年少。七大タイトルでは3番目の若さ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
道新囲碁サロン 「次の一手」問題
ページの先頭へ戻る