PR
PR

クロマグロ漁、15%増枠を提案 水産庁、9月の国際会議で

[PR]

 水産庁は3日、太平洋クロマグロの資源が回復傾向にあるため、9月に福岡で開かれる資源管理を議論する国際会合の議題として、小型魚(30キロ未満)と大型魚(30キロ以上)に割り当てられている現行の漁獲上限の15%拡大を提案したことを明らかにした。2019年の増枠を目指す。

 国際会合は、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)が9月4~7日に開く北小委員会で、日本や韓国、台湾など10カ国・地域で構成する。

 会合で日本政府は、クロマグロを漁獲する韓国や米国など、日本を含む5カ国・地域の一律増枠を提案する。認められれば、国内調整を経て、日本の小型魚の漁獲上限を現状の4007トンから4358トンに、大型魚を4882トンから5864トンにしたい考えだ。その年の漁獲量が上限に達しなかった場合は、漁獲上限の5%まで翌年に繰り越す案も提起した。

残り:536文字/全文:903文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る