PR
PR

広島原爆の日、85カ国式典参加 核保有国も、中国は欠席

 広島市は3日、「原爆の日」の6日に営まれる「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)に、85カ国と欧州連合(EU)の代表が参列するとの見通しを発表した。核兵器保有五大国は、米国の他に英仏ロが参加、中国は欠席する。

 事実上の核保有国のインドとパキスタン、イスラエルも出席。北朝鮮は出欠を明らかにしていない。初参加はトルコとミャンマーの2カ国。広島市は157カ国とEUに参列を呼び掛けていた。

 国連からはグテレス事務総長の代わりに軍縮担当上級代表の中満泉事務次長が出席する。式典は午前8時に開始予定。松井一実市長が平和宣言を読み上げる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る