PR
PR

LGBT寄稿に野田総務相が苦言 「差別、偏見の類いでは」

[PR]

 総裁選争点化に前向き 野田聖子総務相は3日の閣議後記者会見で、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員=比例代表中国ブロック=が月刊誌への寄稿でLGBT(性的少数者)のカップルを「『生産性』がない」などと主張したことについて「さまざまな意見という以前に差別、偏見の類いの発言ではないか」と強く批判した。

 杉田氏以外の同党議員からもLGBTへの差別的発言が相次いでいることに関しては「LGBTの皆さんが抱えている諸問題に対応していこうというさなかに水を差すような話で、よろしくない」と述べた。

 野田氏が出馬に意欲を示している9月の自民党総裁選で争点になるかとの問いには「自民党も多様性を標榜(ひょうぼう)してきたが、国民の望む多様性と合致しているかどうかという議論はあってもいい」と述べ、争点化に前向きな姿勢を示した。(津田祐慈)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る