PR
PR

留萌線沿線自治体 JRの説明に応じる方針

[PR]

 【沼田】JR留萌線(深川―留萌)沿線2市2町の首長でつくる「JR留萌本線沿線自治体会議」は2日、空知管内沼田町で会合を開き、留萌線の廃止・バス転換を提案したJR北海道が、路線に関する説明の場を求めた際には応じ、現状と課題を検証する方針を決めた。

 国土交通省が発表したJRへの財政支援策で、留萌線など5区間が対象外となったことを受け、4市町長が非公開で会合を開いた。道が路線について説明の場を求めた際も応じる方針を決め、今後の対応などを協議した。

残り:114文字/全文:337文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る