PR
PR

軽井沢ク、Pアジア出場辞退 カーリング男子、編成困難で

 カーリング男子で平昌冬季五輪8位のSC軽井沢クは2日、来春の世界選手権出場権の懸かるパシフィック・アジア選手権(11月・韓国)の日本代表を辞退すると発表した。2選手が退団し、残る3選手は同一チームでプレーせず今季のチーム編成が固まらないため。

 SC軽井沢クは代表決定戦後に、主力だった清水徹郎、控えの平田洸介が退団した。司令塔の両角友佑、弟の公佑、山口剛史の残ったメンバーは2022年北京五輪を見据えるが、活動は現時点で不透明。存続するチームも出場大会や海外遠征は決まっていない。

 SC軽井沢クは日本選手権を5連覇し、16年世界選手権では4位に入賞した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る