PR
PR

生活圏でクマ目撃相次ぐ 根室の民宿や島牧の漁船

 【根室、島牧】道内で1日から2日にかけて、クマの目撃が相次いだ。けが人はなかったが、いずれも人の生活圏に入り込んでおり、警察などが注意を呼び掛けている。

 根室市東梅の民宿「フィールド・イン風露荘」で2日午前8時15分ごろ、経営者の女性が1階自室の窓の前にクマ1頭がいるのを目撃し、市に通報した。

 女性の家族によると、クマは窓の下の壁に前脚をついて立ち上がった状態で部屋をのぞき込み、女性が驚いて声を上げると近くの森林へ立ち去ったという。市によると、クマは体長約1・8メートル。市と根室署が周囲を巡回するなどして警戒している。

残り:277文字/全文:540文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る