PR
PR

ササゲとホッキ

 夏本番となった札幌市中央卸売市場では、ササゲ(ササギ)の入荷がピークを迎え、トウモロコシやキュウリといった夏の味覚も続々と入ってきている。水産棟をにぎわせているのはホッキのほか、ソイなどの沿岸ものだ。

■ササゲ 皮軟らか 甘みも十分

 「天ぷら、みそ汁、ごまあえ、サラダ。料理の使い道は万能、皮も軟らかく甘みもあっていい時期だよ」と、道央青果協同組合の椿原伸太郎理事は顔をほころばせる。ササゲは細長いのが特徴で、旬の今は特に皮が甘く軟らかい。4~5キロ入りの箱には、20センチ前後のササゲがぎっしり詰まっている。

残り:736文字/全文:991文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る