PR
PR

今春の大卒者、77%が就職 好景気反映し8年連続増

 今春の大学(学部)卒業生56万5419人のうち43万6152人が就職し、卒業生に占める割合は前年度より1・0ポイント増の77・1%と8年連続で上昇したことが2日、文部科学省の学校基本調査(速報値)で分かった。

 就職者のうち契約社員など非正規の人は1万7066人で前年度比で1296人減った。同省は「景気が引き続き好調なことが主な要因ではないか」としている。

 今年5月に厚生労働省と文科省が発表した就職率は98・0%。これは今春に大学を卒業し、就職を希望した人に占める割合を指し、統計を始めた97年春卒以降で最高だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る