PR
PR

JR函館線小樽―ほしみ間に石 快速など31本運休

 【小樽】2日午後2時10分ごろ、小樽市のJR函館線朝里―銭函間を走行中の快速エアポートの運転士が、線路内に縦横約30センチの石があるのを見つけ、列車を停止させた。JR北海道は線路の点検のため同4時ごろまで、小樽―ほしみ(札幌市手稲区)間の運転を見合わせた。快速エアポート12本を含む計31本が運休、または部分運休し、区間快速いしかりライナーなどが最大1時間52分遅れ、約5千人に影響が出た。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る