PR
PR

五輪トライアスロンのコース発表 「最も都会的なコース」

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京・お台場が舞台となるトライアスロンのコースを発表した。ベイエリアを象徴する名所のレインボーブリッジや観覧車、商業施設群を望みながらのレースとなり「史上最も都会的なコース」としている。

 お台場海浜公園がスタートとゴール、次の種目に移行する「トランジション」の地点となる。五輪で1・5キロのスイムは公園内の海に設置する浮桟橋から飛び込み、1キロを1周、さらに500メートルを1周する。5キロの道のりを8周するバイクは公園から南に向かい、都市型スポーツの会場群「アーバンクラスター」や、花と緑に囲まれたシンボルプロムナード公園を東に抜け、北進してお台場海浜公園に戻る。ランは同公園周辺で2・5キロを4周する。

 新種目の混合リレーとパラリンピックは距離の違いなどのためコースが異なり、バイクはリレーでは有明テニスの森公園、パラリンピックは豊洲市場の近くまでを使う。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る