PR
PR

安倍首相と面会 函館豆記者

 夏休み中に北方領土問題などを取材し、新聞記者の仕事を体験する「函館豆記者」の小学生13人が1日、首相官邸を訪れ、沖縄県の豆記者50人とともに安倍晋三首相と面会した。首相は「生まれた地域に誇りを持ち、文化や伝統をしっかり勉強しながら、もっと街を良くしようと頑張ってもらいたい」と激励した。

 函館豆記者の派遣は、市民団体「函館豆記者交歓会」の主催で今回で35回目。この日は、地元の唱歌「はこだて賛歌」を披露した後、記念撮影を行った。首相にお土産として函館・五島軒のクッキーを手渡した市立本通小6年の門田沙采(さや)さん(11)は「とにかく緊張した。(官邸は)思っていたより広くて驚いた」と話していた。

残り:74文字/全文:373文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る