PR
PR

同性愛、趣味みたいなもの 自民・谷川とむ氏

 自民党の谷川とむ衆院議員が、インターネット番組に出演した際、同性婚に関し「多様性を認めないわけではないが、それを法律にする必要はない。(同性愛は)趣味みたいなものだ」と述べていたことが分かった。性的少数者(LGBT)への理解が足りないとの批判が出る可能性がある。

 番組は7月29日にインターネットテレビ局「AbemaTV」で放送された。谷川氏は「女性が女性を好き、男性が男性を好きだという事実があればそれでよいが、わざわざ同性婚を認める法律を作る必要はない」と指摘した。

 LGBTを巡っては、行政支援に対する疑問を寄稿した杉田水脈衆院議員に批判が強まっている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る