PR
PR

探り合う中盤続く 札幌で王位戦第3局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑む第59期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第3局は1日午前9時から、札幌市厚別区の「ホテルエミシア札幌」で指され、午後6時、後手番の豊島が50手目を封じて1日目を終えた。

 初防衛を狙う菅井王位が第1局、2冠を狙う豊島棋聖が第2局をそれぞれ制し、1勝1敗で迎えた第3局。第1局に続いて、菅井の中飛車、豊島の居飛車の対抗形となった。

 豊島が左美濃に囲う工夫の駒組みに、菅井は囲いを後回しにして5五銀(31手目)と銀をぶつけた。対して豊島は銀交換から6四銀(34手目)と打ち直し、ゆっくりとした展開となった。その後、菅井は穴熊に囲ったが、豊島が8六歩(42手目)から7五歩(44手目)と動いて、中盤戦へ突入した。菅井は7八金(47手目)、5六飛(49手目)の二手で豊島の攻めをけん制。じりじりとした展開が続く中、豊島が60分考えて、次の手を封じた。

残り:169文字/全文:569文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る