PR
PR

政府が皇位継承式典事務局設置 儀式実務など担当

 政府は1日、天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴う一連の儀式の準備作業を統括する「皇位継承式典事務局」を設置した。安倍晋三首相は同日、職員に「世界中の人々から祝福される式典としたい。歴史的、国家的な行事に当たり、準備万端、全力を尽くしていただきたい」と訓示した。

 事務局は内閣官房と内閣府が合同で設置。26人態勢で、トップの事務局長は事務次官級ポストとし、天皇陛下の退位特例法の成立に関わるなど皇室制度全般に精通する元内閣総務官の山崎重孝氏が就任した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る