PR
PR

快速エアポート含む47本運休 JR函館線 線路脇一部が陥没

[PR]

 【小樽】1日午前10時5分ごろ、小樽市のJR函館線小樽築港―朝里間で、線路脇の一部が陥没しているのをJR北海道社員が見つけた。この影響で快速エアポートを含む計47本が運休するなど、約9500人に影響が出た。約3時間後に運転を再開した。

 同社によると、現場は朝里駅から小樽築港駅側に約1キロの地点。線路から約2メートル離れており、穴の大きさは直径0・3メートル、深さ3・5メートル。同社は原因を調べている。快速エアポート13本、快速・普通列車34本が全区間運休か部分運休した。

全文:238文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る