PR
PR

即位控え最後の高校総体 皇太子さま、豪雨犠牲者悼む

 三重県を訪問中の皇太子さまは1日、伊勢市にある県営サンアリーナで、全国高校総合体育大会の総合開会式に出席された。あいさつに臨んだ皇太子さまは、西日本豪雨の犠牲者を悼み「ご遺族と被災された方々にお見舞いを申し上げます」と述べた。

 来年5月に新天皇に即位する皇太子さまにとって、今回が最後の高校総体への出席となる見通し。

 高校総体は1963年に始まった。全国高等学校体育連盟(全国高体連)によると、66年から皇太子夫妻時代の天皇、皇后両陛下が開会式に出席するようになった。陛下が即位した89年からは、皇太子さまが引き継ぎ、ほぼ毎年足を運んでいる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る