PR
PR

銀河鉄道で旅立たれた冨田勲先生

 子どものころ、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に親しんだ方も多いだろう。二人の少年が銀河を列車で旅する物語。5月5日に84歳で亡くなった作曲家でシンセサイザー奏者の冨田勲先生は、この銀河鉄道に乗って宇宙に旅立たれたと、私は後で知った。

 先生は1974年にシンセサイザーの多重録音によるクラシック作品で日本人として初めて米グラミー賞にノミネートされた、シンセサイザーマニアの間では神様の様な存在だ。

残り:1060文字/全文:1256文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る