PR
PR

新ラッピング列車導入 JR花咲線 秋にも運行 沿線の魅力PR

 【根室】JR北海道は花咲線(釧路―根室)をPRするラッピング列車を新たに導入することを決めた。2012年にアニメ「ルパン三世」の登場人物をデザインした列車を運行させて以来6年ぶりで、さらなる魅力発信と利用促進を図る狙い。デザインはJR北海道と沿線の自治体などが協議して決め、今秋にも運行を始める。

 浜中町出身の漫画家モンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんの代表作「ルパン三世」のラッピング列車は2012年に登場し、沿線住民や観光客らから好評を得ている。花咲線沿線5市町などでつくる「花咲線沿線観光振興協議会」がキャラクター使用料などを支払っている。

 新たにラッピングする車両はキハ54型気動車。JRによると、沿線自治体などと協議してデザインを決める予定で、花咲線の魅力や見どころをPRする図案になる見通し。

残り:239文字/全文:593文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る