PR
PR

辛淑玉さん、番組制作会社を提訴 MX「ニュース女子」は名誉毀損

 沖縄県の基地反対運動を取り上げた東京MXテレビの情報バラエティー番組「ニュース女子」で名誉を毀損されたとして、ヘイトスピーチ反対団体の辛淑玉共同代表が31日、制作会社と番組の司会を務めたジャーナリスト長谷川幸洋氏に計1100万円の慰謝料などを求めて東京地裁に提訴した。

 対象の番組はDHCテレビジョンが制作し、2017年1月2日と同9日に放送された。訴状では「番組は、辛代表が暴力をいとわぬ人たちの活動をあおり、経済的支援もしているとの内容で、社会的評価を低下させた」と主張。長谷川氏は否定も訂正もしなかったとしている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る