PR
PR

三味線演奏「ブラボー」 箱館奉行所開館8周年記念事業 8月1日から「兵糧庫」公開も

 【函館】国特別史跡五稜郭跡に復元された箱館奉行所の開館記念事業が29日、奉行所の南庭で開かれ、国内外の来場者が津軽三味線の演奏を楽しんだ。

 箱館奉行所は2010年7月29日に開館。今年8周年。南庭では、函館の川股三弦会の3人が津軽じょんがら節や、津軽よされ節などを披露。力強いバチさばきの演奏に来館者から「ブラボー」などと声援が飛び、盛大な拍手が送られていた。

 奉行所の丸山千明館長は「観光客だけでなく、市内の方にも来てもらえるよう、いろいろな催し、事業に取り組んでいきたい」と話していた。

 箱館奉行所庁舎のうち唯一当時の姿をとどめている「兵糧庫」の特別公開を8月1~31日(午前10時~午後3時)に行う。入場無料。4日は午前10時と午後1時の2回、解説付き見学会を開く。(押野友美)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る