PR
PR

根室市の「花咲線を守ろう」企画 写真家岡田さんが撮影

 【根室】写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞を受賞し、根室市昆布盛沖のユルリ島で野生馬の撮影を続ける稚内出身の写真家岡田敦さん(39)=東京都在住=が30日、市内の落石地区で撮影を行った。

 市がインターネットで寄付を集めるクラウドファンディング(CF)型ふるさと納税で取り組む「日本最東端の鉄路『根室本線花咲線』を守ろう!」の一環。岡田さんを含む写真家4人が撮影を行っている。

 岡田さんは今月中旬に道東入りし、コンブ漁の出漁風景や釧路駅に停車する列車など5千枚ほどを撮影。最終日の30日は落石駅のほか、岡田さんが「道内でもガスと馬が一緒に見られるのは珍しく、ユルリ島のような光景も楽しめる」と評価する浜松フットパスで撮影に臨み、濃い霧が立ちこめる中、放牧されている馬にカメラを向けシャッターを切った。

残り:192文字/全文:545文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る