PR
PR

批判増幅の責任、日大理事長に アメフット最終報告

 アメリカンフットボール部の悪質反則問題を調査した日本大の第三者委員会は30日、東京都内で記者会見して最終報告を公表し、田中英寿理事長が適切な危機対応を行わず、社会からの批判を増幅させたと断じた。大きな不祥事となったにもかかわらず公式な場に姿を一切見せず、学校法人トップとして説明責任を果たしていないと指摘し、反省声明の発表や学生ファーストの大学運営を行うとの宣言をするよう強く要望した。

 田中理事長の進退については、勝丸充啓委員長は「本人が判断されること」と述べ、第三者委としては辞任までは求めない姿勢を示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る