PR
PR

海自新型イージス、横浜で進水式 米と連携、防空能力向上

 2020年3月に就役を予定している海上自衛隊の新型イージス艦の進水式が30日、横浜市のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で行われ「まや」と命名された。ミサイルや航空機の位置情報を、より遠くから高い精度で把握し、米軍などと共有する共同交戦能力(CEC)システムを初めて搭載する。

 就役すれば弾道ミサイル防衛機能を有するイージス艦が増えることに加え、米軍との連携が深まることで防空能力の向上が期待できるという。

 海自によると、基準排水量は約8200トンで、全長170メートル、最大幅21メートル。潜水艦に対処する能力も向上している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る