PR
PR

地上イージス1340億円 契約後、配備まで6年

 小野寺五典防衛相は30日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」のレーダーを含む1基当たりの取得経費が1340億円になると発表した。「契約締結後、1基目の配備まで約6年間を要すると(米側から)提案された」とも述べた。防衛省で記者団に明らかにした。

 搭載レーダーに米ロッキード・マーチン社製の「SSR」を採用することも決定した。

 小野寺氏は「北朝鮮の脅威は変わっていない。核やミサイルの廃棄につながる動きは把握していない」と述べ、配備の必要性を強調した。

 政府は陸上自衛隊の新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)が配備候補地としている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る