PR
PR

沖縄県民投票の条例請求へ 辺野古移設、必要署名数上回る

 沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設の賛否を問う県民投票を求め、署名集めをしていた市民グループは30日、活動期間中に必要数を7万以上上回る数が集まったとして、各市町村の選挙管理委員会の審査後に翁長雄志知事に県民投票条例制定を直接請求する方針を示した。

 関係者によると、条例案は早ければ9月議会で審議され、県議会は移設反対派が過半数のため、賛成多数で可決される見通し。

 署名を集めていたのは、移設に反対する「『辺野古』県民投票の会」。5月23日に活動を開始し、2カ月間で必要とされる約2万3千筆以上の署名集めを目指していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る