PR
PR

新幹線線路脇にコンクリ片 青森側トンネル天井から

 29日午前9時50分ごろ、北海道新幹線奥津軽いまべつ―湯の里知内信号場間にある青森県今別町浜名の「第2浜名トンネル」の青森側出入り口で、高さ約8・5メートルの天井部分から、重さ最大約5・8キロのコンクリート片2個が剥がれ落ちているのを保守作業員が見つけた。けが人はなく、運行への影響もなかった。

 JR北海道によると、コンクリート片は最大で縦30センチ、横20センチ、厚さ10センチほどで、上り線と下り線の間に落ちていた。同社は、トンネル出入り口の上部から垂れ下がった植物のつるが架線に触れ、天井部分に高圧電流が流れた衝撃で剥がれ落ちたと見ている。他に落下の恐れはないとしているが、詳しい原因を調べる。

残り:80文字/全文:381文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る