PR
PR

エピソード9にレイア姫も登場 スター・ウォーズ

 【ロサンゼルス共同】米人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズを手掛ける映画会社「ルーカス・フィルム」は27日、新3部作の最終章エピソード9に、2016年12月に亡くなった女優キャリー・フィッシャーさんがレイア姫役で登場すると明らかにした。

 15年公開のエピソード7「フォースの覚醒」で使っていなかった映像を使用する。エピソード9の題名は未定だが、米国公開は来年12月20日の予定。

 1977年に始まった、ルーク・スカイウォーカーを中心とする物語はエピソード9で大団円を迎える。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る