PR
PR

AI登場で将棋界が自由に 谷川九段と杉本七段対談

 将棋の谷川浩司九段(56)と、藤井聡太七段(16)の師匠である杉本昌隆七段(49)が27日、「将棋界のこれから」をテーマに、大阪市で開かれた関西プレスクラブ主催の会合で対談した。谷川九段は「新しい発想が出にくかったところへAI(人工知能)が登場し、将棋界全体が伸び伸びと自由に指している気がする」と話した。

 八大タイトルを棋士8人が分け合っている“戦国時代”について「強い若手が多い。誰がタイトルを取っても驚かない」と杉本七段。谷川九段は「その20代後半、30代の人の中から誰が出てくるだろうか」と期待を込めた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る