PR
PR

金融庁、天下り違法行為7件認定 審議官級ら処分

 金融庁は27日、天下りに絡む国家公務員法違反の行為が7件あり内閣府の再就職等監視委員会に報告、関係した審議官級の職員ら3人を同日付で減給処分などにしたと発表した。金融庁を巡っては、野田聖子総務相に関係する情報公開請求の内容が漏えいした問題でも職員に厳重注意などの処分を出す方向で検討しており不祥事が続いている。

 金融庁は今回の違法行為で実際に退職者が再就職した事例が2件あったと明らかにした。国家公務員法は、職員に関する情報提供を含め天下りに関わる行為を禁じている。ただ懲戒処分は現職の職員が対象で、退職者は原則対象にならない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る