PR
PR

外相、有識者会合設置を発表 日韓交流拡大を議論

 河野太郎外相は27日の記者会見で、日本と韓国の未来志向の関係を目指すとした「日韓共同宣言」の発表から10月で20年を迎えるのを踏まえ、日韓間の文化、人的交流の拡大に向けた方策を議論する有識者会合を設置すると正式発表した。8月10日に初会合を開催する。

 会合設置には、歴史認識を巡る対立に焦点が当たるのを避け、関係改善を後押しする狙いがある。会合では観光や食、スポーツなどのテーマも取り上げるという。

 河野氏は会見で「両国間の文化、人的交流などを拡大する方策について提言をいただきたい」と強調。慰安婦問題については「(議論を)お願いすることはない」とした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る