PR
PR

翁長沖縄知事、辺野古撤回を表明 「新基地、造らせない」

 沖縄県の翁長雄志知事は27日、県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回に向け、手続きを始めると表明した。環境保全対策を示さずに工事に着手するなど、承認の条件となる事業者の義務に違反しているとして、国を批判。「新基地は造らせないとの公約実現に向け、全力で取り組む」と改めて強調した。

 撤回により国の工事は一時中断し、早ければ8月17日にも予定される辺野古沖での土砂投入が遅れる可能性がある。防衛省沖縄防衛局は撤回の無効化を求め、直ちに取り消し訴訟の提起など法的措置で対抗する構え。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る