PR
PR

EU、英の貿易圏構想に難色 関税同盟残留促す

 【ブリュッセル共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る両者の交渉会合が26日まで3日間、ブリュッセルのEU本部で行われた。会合後の共同記者会見でEU側の交渉責任者、バルニエ首席交渉官は英側が離脱した後の対EU通商関係の柱である「モノの自由貿易圏」設立に強い難色を示し、英国にEU関税同盟に残留するよう促した。

 英国の自由貿易圏構想では、圏外から英国を通じてEUに向かう商品について、英国がEUに代わって関税を徴収するとしているが、バルニエ氏は「EUは関税政策や関税徴収を他国に委ねることはできないし、今後そうすることはない」と断言した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る