PR
PR

根室に就職大阪でPR 市雇用対策協が初の説明会 学生「涼しい環境魅力」

 【根室】市や根室振興局、根室公共職業安定所などでつくる根室市雇用対策協議会は24日、大阪市内で大学生を対象とする合同就職説明会を開いた。関西圏での開催は初めて。市内の水産加工や運輸、農協など6事業者がブースを開設。訪れた計約100人の大学生たちは担当者の説明を熱心に聞いた。

 道内への就職を望む学生が比較的多いとされる関西圏で説明会を開くことで、人手不足に悩む地元事業者の人材を確保する目的。市によると、過去に札幌や東京で就職説明会を行ったことはあるが、東京以西では初めてという。

 会場は大阪市・梅田のホール。京都や大阪など主に地元企業が参加する就活イベントに「根室市U・Iターンコーナー」を設けた。

 各事業者のブースを訪れた学生たちは「北海道の自然が好き」「暑さの中で働くより涼しいほうがいい」「釣りなどアウトドアのレジャーが魅力」などと根室での暮らしに興味を持っていた一方、「地域になじめるのか」「子育て環境、医療体制は大丈夫か」などと質問した人もいたという。

 市は会場でアンケートも行った。U・Iターンを考える学生たちが望む環境や条件などを探り、今後の説明会などに生かしていく考え。市の担当者は「市内の事業者と関西圏の学生との接点をつくることができた。学生のニーズを把握した上で市内への就職につなげていきたい」と話す。来年以降の大阪での説明会開催は今回の結果を踏まえて検討する。(堀井友二)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る