PR
PR

札幌五輪招致「戦略理解を」 期成会総会で秋元市長

[PR]

 札幌商工会議所などでつくる冬季オリンピック・パラリンピック札幌招致期成会(岩田圭剛会長)の定時総会が26日、札幌市内で開かれた。来賓の秋元克広市長は、2030年大会の方が望ましいとしながらも、26年招致第1段階の「対話ステージ」に残留する市の戦略に理解を求めた。

 秋元市長は、日本オリンピック委員会(JOC)のアドバイスなどを受け残留を決めた経緯を説明し、「大会開催を地域の発展につなげることが重要だ」と強調。市の石川敏也スポーツ局長は「近い将来に五輪・パラリンピックを開催する、という強い意志のもとで戦略的に検討した」と説明した。

残り:56文字/全文:323文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る