PR
PR

納沙布岬沖で韓国漁船沈没か 35人救助3人行方不明

[PR]

 【小樽】第1管区海上保安本部(小樽)に入った連絡によると、26日午前6時すぎ、根室半島の納沙布岬沖南東約460キロの公海上の韓国籍漁船「101KUMYANG」(クムヤン、538トン)から海上保安庁(東京)に遭難信号が入った。漁船は沈没し、乗組員38人のうち35人は仲間の漁船に救助されたが、インドネシア人3人が行方不明という。

 1管本部は巡視船1隻と航空機1機を現場に向かわせている。現場では2~3メートルの波があるという。韓国の報道によると、沈没は韓国の別の漁船が衝突したためという情報がある。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る