PR
PR

高校生びっくり! 雌雄一体クワガタ

 帯広柏葉高の生物研究部が繁殖させ、7月中旬に成虫になった1匹のノコギリクワガタが、左半分は雄、右半分は雌の「雌雄モザイク」という珍しい個体だったことが分かった。

 体長約4センチで大あご、触角、足の長さ、目の位置が左右で異なる。土に潜り、ケースの外からは雄である左側しか見えなかったが、掘り返すと右半分は雌で部員は「びっくり」。

 帯畜大の岩佐光啓名誉教授(環境昆虫学)によると、雌雄モザイクは多くの生き物で現れ、発生確率は1万分の1とも。細胞分裂時に起きるとされるが謎は多く、個体を調べる部員は研究に汗かく夏休みになりそうだ。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る