PR
PR

白滝産ブドウで赤ワイン 移住の農家、15年越しの夢

■地元で販売「気楽に飲んで」

 【遠軽】オホーツク管内遠軽町白滝の農家、渡辺信吾さん(84)が、白滝産ブドウ100%のオリジナル赤ワイン「めいぶ白滝」を製造した。町内のホテル「マウレ山荘」で提供しており、渡辺さんは「白滝の厳しい寒さに耐えたブドウで造ったワイン。気楽に飲んで」と話している。

 渡辺さんは静岡県出身。農業機械の営業社員だった1989年、55歳で知人がいた白滝で念願の就農を果たした。有機農園「おやじの村」を営み、化学肥料や農薬を使わない野菜作りにこだわる。

残り:328文字/全文:562文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る