PR
PR

イージス調査、入札手続きを延期 防衛省、配備候補地の地質など

 防衛省は25日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地である陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)と、むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の地質調査などの一般競争入札手続きを巡り、共に8月2日としていた開札日をいずれも9月12日に延期すると発表した。

 同省は延期の理由について「より詳細な調査を行う観点から、業務内容の一部を変更したため」と説明した。担当課は「地元の懸念や不安を踏まえ、理解や協力を得られるよう努めることが何より重要だ」と述べ、再度の住民説明会開催に応じる考えを示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る