PR
PR

昔の稚内街並み、建物に投影 オレンジ通り商店街 8月10、11日に会議所青年部が催し

 【稚内】稚内商工会議所青年部は8月10、11の両日午後7時から、大黒のオレンジ通り商店街の建物に、昔の稚内の写真を音楽に合わせて投影する「オレンジストリートデジタルミュージアム」を初開催する。同商店街で10日から始まる南神社祭典に合わせて実施するもので、同青年部は「新しい景色でにぎわいをつくりたい」と準備を進めている。

 青年部の商店街活性化事業の一環。商店街をミュージアムに見立て、見慣れた通りに地域のさまざまな歴史を投影することで、南神社祭典と一緒に新鮮な街歩きを楽しんでもらう。

 両日とも午後9時半まで、商店街の建物3棟に六つの画面を映し出す予定。映像の切り替えや音楽は「VJ(ビジュアルジョッキー)」と呼ばれるプロのパフォーマーを東京から招いて、盛り上げる。

残り:234文字/全文:568文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る