PR
PR

WHOが「ゲーム障害」を疾病認定

 世界保健機関(WHO)は、ゲームがやめられず、日常生活が困難になる「ゲーム障害」を、新たに疾病として認定した。スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、ゲーム依存が世界各国で問題となっていることが背景にある。ゲーム障害とはどのようなものか。親や子どもは、ゲームとどのように向き合うべきなのか。専門家に聞いた。

残り:2442文字/全文:2665文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る