PR
PR

全国高校囲碁 札幌南女子準V

[PR]

 第42回全国高校囲碁選手権大会(日本棋院、全国高校囲碁連盟など主催)の団体戦が23、24の両日、東京の日本棋院で開かれ、女子は北海道代表の札幌南が準優勝に輝いた。道内勢が女子団体で3位以内に入ったのは初めて。

 団体戦に出場したのは、田中ひかるさん(1年)、菊池乃愛(ゆきえ)さん(1年)、阿部百莉(ひより)さん(2年)。44校の中から予選リーグ、決勝トーナメントを勝ち上がったが、決勝で洛南(京都)に1―2で惜敗した。男子は灘(兵庫)が優勝。道代表の旭川東は予選リーグで敗退した。25日は男女の個人戦決勝などが行われる。(大原智也)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
道新囲碁サロン 「次の一手」問題
ページの先頭へ戻る