PR
PR

北広島市 事業費211億円 ボールパーク構想 アクセス道見直しも

[PR]

 【北広島】プロ野球北海道日本ハムの新球場を含むボールパーク(BP)構想に関し、建設候補地の北広島市は24日、道路などのインフラ整備と土地造成に関わる事業費が最大211億円になるとの試算を明らかにした。また、アクセス道路のルートを見直し、従来案よりも国の特別天然記念物「野幌原始林」から離す案を示した。

 同日行われた市民説明会などで示した。事業費の試算の内訳はアクセス道路新設など道路整備に80億~120億円、上下水道の敷設に10億~15億円、新駅と既存駅を含む整備に30億~70億円、樹木伐採などの土地造成に4億~6億円。市は事業費の財源について「国や道などの補助金や市債を活用する」と説明した。

残り:104文字/全文:403文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る