PR
PR

サイトメガロウイルス 母子感染に注意 胎児が障害起こす可能性 新生児診断薬早期発見へ保険適用

 母子感染で子どもの脳や目、耳などに重い症状が出る「TORCH(トーチ)症候群」。その中で最も感染者数が多い先天性サイトメガロウイルス感染症は、妊娠中の初感染にリスクが高いとされてきたが、最近の研究で、妊娠前に感染して抗体のある妊婦でも胎児への感染が多いことが報告された。近年、感染児の早期診断の重要性が高まる中、今年から診断薬が保険適用となった。専門医は「早期診断・治療への道が広がる」と評価する一方、あらためて「妊娠時は感染予防を心掛けて」と呼びかけている。

 先天性サイトメガロウイルス感染症は、新生児全体の300人に1人が感染し、感染児の約20%に小頭症や難聴、発達の遅れなどの症状が出るとされる。出生時に症状がなくとも、遅れて聴覚障害などが発症するケースもある。

 サイトメガロウイルスはどこにでもいるウイルスで、多くが子どものうちに感染する。国内では成人女性の7割が抗体を持つ。健康な大人や子どもが感染しても問題はないが、妊婦が初感染した場合、約4割が胎児に感染するとされる。感染を防ぐ有効なワクチンはない。

残り:1302文字/全文:1760文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る