PR
PR

紫のじゅうたん広がる 幌見峠のラベンダー見頃

 札幌市中央区盤渓の幌見峠頂上にある観光農園「夢工房さとう」で、ラベンダーが見頃を迎えている。札幌の街並みを背景に、紫色のじゅうたんが広がる。

 約6千平方メートルに7千株が植えられている。2年前の長雨で約4割が枯れ、昨年は休業して株を植え替えた。今年は日照不足の影響で、例年より1週間ほど開花が遅れ、7日にオープンした。

 愛犬を連れて初めて訪れた札幌市東区の主婦茂瀬(もせ)美喜(みき)さん(45)は「一面、紫できれい。札幌にこんな場所があるなんて」と驚いていた。

 同園によると、見頃は今月いっぱいという。午前9時~午後5時。入園は無料だが、駐車料金として1台500円がかかる。問い合わせは同園(電)011・622・5167へ。(坂本有香)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る