PR
PR

ゲームを支配 あとはゴール

[PR]

▽第17節 札幌 0―0 磐田 (22日、札幌厚別公園競技場)

 Jリーグ中断明けの川崎戦は1―2と敗れた札幌。W杯期間中に後方からのボールのつなぎ、前線の連携などの精度を高めることに重きを置いてきた。しかし、川崎の方が一枚上手でボールをいいように回された。中村、大島、家長でつくる中盤は素晴らしかった。

 あそこに川崎から期限付き移籍し、札幌で活躍している三好でさえ、割って入っていくのはちょっと想像できないくらい完成された中盤だった。川崎が上だった、と割り切ってもいいゲームだったと思う。

 今節の磐田とのゲームは、札幌の良さが十分に出ていたと思う。積極的に前からプレッシャーをかけてボールを奪い、ゲームを支配した。パス回しも磐田よりクオリティーが高く、あとはゴールだけといった内容だった。

 ボール回しは良かったが、GK具聖潤のところにボールが行くと安心して見ていられなかった。いつか大チョンボをするのでは、というくらい足元がおぼつかない。福森のパスミスからの決定機を足で防ぎ、帳尻を合わせたが、改善には時間がかかりそうだ。

 前半のPKを外し、引き分けの戦犯となったジェイ。古巣対決で相手のGKカミンスキーに手の内を知られていて、蹴りづらかったのもあったと思う。でも、それはカミンスキーも一緒。助走からタイミングが、カミンスキーの間合いだった。

 後半、三好からのスーパーパスを打たずに、チャナティップにパスしたジェイのプレー。あれがつながって得点になっていたらきれいだったが、ミスったのでストライカーとしては批判されても仕方がない。チャナティップが打つ方が、得点の確率が高いと判断したのだろう。PKを外したメンタル的な影響を感じた場面だった。(平川弘=サッカー解説者、元日本代表)

磐田戦
選手名 出場 評価 ひとこと
GK
具聖潤 決定機防ぐも足元が…
DF
進藤亮佑 川又を意識的にチェック
石川直樹 速いカバーでピンチ防ぐ
福森晃斗 具に感謝して
MF
駒井善成 元気なかった
白井康介 仕掛けてFK取る
深井一希 囲まれてボール失う
荒野拓馬 クロスにヒットせず
宮沢裕樹 いつものハードワーク
菅大輝 運んでクロス上げる
三好康児 打てよ、ジェイ
チャナティップ ゴール前での絡み増す
FW
ジェイ PK含め好機潰す
都倉賢 混戦決められず
※出場は◎フル出場▽先発途中交代▲途中出場
 評価はA大変良いB良いC普通D悪い、―は採点不可

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る