PR
PR

稀勢の里関に「激励」決議せず 横綱審議委、進退覚悟の意思尊重

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が23日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、8場所連続休場中の横綱稀勢の里関について、秋場所(9月9日初日・国技館)に進退を懸ける覚悟を示している本人の意思を尊重し、「激励」などの決議は行わなかった。

 横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「激励」の決議をする提案があったことを明かした上で「本人が、どういうふうに判断するかということが非常に大事。外からいろいろ条件をつけて、こうなら引退だとかは言うべきではない」と話した。秋場所に出場した場合の成績面での要望に関し、具体的な意見は出なかったという。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る