PR
PR

自民・杉田衆院議員に殺害予告 LGBT支援疑問視、被害届提出

 自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)に対し、危害を加える内容のメールが届いていたことが23日、分かった。杉田氏は18日発売の月刊誌に、性的少数者(LGBT)への行政支援に疑問を呈する内容の文章を寄稿しており、杉田氏は警視庁赤坂署に被害届を提出。同署が脅迫事件として、寄稿との関連などを調べている。

 杉田氏の事務所と赤坂署によると、19日以降、公式ホームページを通じて同性愛者を自称する人物から「お前を殺してやる!絶対に殺してやる!」とのメールが届いたという。

 被害届は本人が同署を訪れて23日に提出した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る