PR
PR

配備候補地の再検討要望へ 地上イージスで、山口県阿武町長

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地となっている陸上自衛隊むつみ演習場がある山口県阿武町の花田憲彦町長は23日、防衛省の大野敬太郎政務官と25日に面会し、候補地の再検討を求めると明らかにした。

 花田町長は記者団に「現実として住民の賛成を得るのは難しい」と説明。防衛省が候補地を全国の自衛隊施設から選んだとしていることについて「国有地も含めた再検討を政務官に求める」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る